Zinnia hacks tomorrow. (Digest)

はやおきをすると、いいことがあるよ
(なかまにしてほしいといっています)

お勉強会 やっています。よかったらご参加下さい。

オリジナルはrisky-safety.orgの方です。zinnia.dyndns.orgはミラーです。

アンテナ被捕捉状況: 1コ上におひっこし

他の記録

おしらせ

とくになし。強いて言うなら転職したいです(重大すぎ)

2016/06/30 (Thu)

_ 少し早起き。


= 2016年前期名場面集

_ 2016年ももう半分過ぎてしまった。

_ この半年は… 3月はほとんどカゼひいていたような気がする。 40になってからの変化として、食べる量は変わっていないのに太る。 バランスが変わっていっているのだろう。久しぶりに歯医者にも行った。 それ以外では、すばらしく体調がよいわけでもないが、そんなに悪くもない。 妻は胆石由来の強烈な痛みが月に何回かあるようだ。

_ ジョンは元気。もうアダルトというよりはシニアにさしかかっているんだろうな。 今でも月1回くらいのペースで噛まれているけど、深刻な怪我になるということは あまりない。避けかたがうまくなっただけかもしれないが… ミミ子は、肛門腺が破れた件が微妙に尾をひいていて、片方の感染症がなおり きらないらしい。普段の生活に不自由を感じているわけではないのだけど。 この2犬は妙に落ち着いてしまって、里親さんが見つかりそうな兆しがまったくない。

_ つぼみは、心臓(僧帽弁閉鎖不全)が進行したため薬が増えた。 皮膚のアレルギー症状は小康状態。ここ1ヶ月は冷房をつけているのだけど さほどひどいことにはなっていない。ここのところは左目の治療で いそがしい。自分でフトンとかそういうのに擦りつけて 傷をつけてしまっているらしい。 いろいろと気にかかるところはあるけど、概ね元気と言えると思う。

_ 読書。この半年はとても収穫が多く、最高に面白かったと思える本や、 繰返し読みたいと思える本などいろいろ見つかった。

後半は英語の語彙制限本を読んで、今まで見たことがなかった古典や映画に 触れることができた。これはもう少し続けてゆきたい。

_ 買物。この半年はいろいろ買ったように思う。

スキレットは今でも活用している。 ダッチベイビージャークチキン・ポークなどを作ったり。 あと久しぶりに揚げ納豆を喰った。

_ いろいろ処分もした。

維持しないという点ではDynDNS Proを解約したというのもあるか。 今でもたまに翻意を促すメールが来るけど…

_ もよおしものはさほど多くなかった。 10年ぶりくらいに草津(滋賀)に行ったほかは、 勝浦帰省くらい。 お勉強会は2回。4月5月

_ PC。本格的にdynabookを使いはじめた。 workディレクトリを消失したり、 何もしてないのに壊れたりしたけど ハードとしてはとても元気。 FreeNASマシン立てた。 バックアップをとるという当初の目的は達成しているけど、それ以外の活用がまだできていない。 GitBucketも入れただけの状態。

_ 学習はASP.NETnode.jsGitなど。 あとペン習字なんてのも始めた。これの影響で万年筆を触る機会が増えた。 TOEICのための勉強、というのも禁を破ってやってしまった。漠然と受けるよりはよかったように思う。採点と分析をして、どこが駄目だったのかを自分で分かることができるので。 公式テストの採点だけではこういう細かいところは分からない。

_ 心境。危機感の話と、 相手の立場をなくすことの話など。 どちらも自分自身ではなく相手中心の話だな… 我が身を省みる必要もあるはずだがなされていない。余裕がないのだろう。よくない傾向だ。

_ その他雑多なこととして、 会社近くのマクドとミスドが閉店。 マクドの跡地はKFCになったパーソナリティテストを受けたなど。


2016/06/29 (Wed)

_ 一回休み。


= Forrest Gump

_ PENGUIN READERS Level 3。 gumpというのはidiotの方言らしい。 宇宙に向かって出発した次の行では戻ってきているなどスピーディーすぎる展開。 idiotと言われて自分もそう思っているのだが、 いろんな分野で意外な能力を発揮して、 時代時代の有名人と交流をもって、でも本人が本当に望んでいることは 手にすることができない…という切なさがある。のだが、 なにしろスピーディなので持続しない。そうそうこれはForrestの独白で 構成されているのでいわゆる一人称の小説となる。

_ 映画化されたときの日本語サブタイトル「一期一会」を見たときに発生した感情は 忘れられない。不快感、脱力、嫌悪感、呆れ、などなど。 今時「一期一会」なんて、中高生の文化祭なんかでしか使い道のない フレーズじゃないか (茶道はどうした)、 というところから始まる一連の感情を説明するのは難しいのだが、 超合金Xさんが恥回路の誤作動という秀逸な表現を駆使されており、これに近いのかもしれない。


= 世界から猫が消えたなら

_ 軽く調べた限りではとても評判が悪い。 本屋大賞という賞にノミネートされたそうで、 その語感(?)から、ただでさえ本が好きな本屋店員さんが、人気だとか権威だとか そういうものには惑わされず、その中身だけを判断基準に 選んだという含意を感じさせるのにひどく裏切られたという感覚があるのかなあと 想像する。そのときに起きていたことは、 本屋店員さん達の読み手としての駄目さなのか、結局人気やら権威やら依存だったのかという馬脚エクスポージャーの話なのか、は、 よくわからんけど。以下ねたばれ注意。(飛ばす)

_ そういう評判を聞いて読み始めたので、そこまで破綻している感じは 受けなかったものの、やはりあまりよい印象は受けなかった。 おそらく小説としての出来をどうこうというのであれば、そこは改善の余地は あるような気もするんだけど、本業である映画プロデューサーとしての 資質を疑いたくなるような「おかしさ」を随所に感じた。 話の整合性だとか、そういうもの。

_ まずなによりも「消える」ということがどういうことなのかをきちんと 描いていないのがとてもおかしく感じた。消えたはずのものが会話の中では 普通に出てきて、今まであったものが突然消えたことに対する 不整合感がまったくない。 消えたものに対する混乱はもっとあるだろうが、それがまったく描かれていない。 「石ころ帽子」の例えで読者が納得することを期待しているのかもしれないが、 この消えっぷりと「石ころ帽子」が同じものだとは思えない。

_ 合わせて、登場人物の造形に関わるところで、狙ってそうしているのだろうか? と判断がつきかねるところがあるんだけど、その「消える」対象に 深い思い入れのある周囲の人物が存在しているにもかかわらず、 それが「消える」ことを選んで、しかもそれがどういう結果をもたらしたのかを まったく描いていない。

_ 消えるものを本人が選んでいない、というのも、 「悪魔」がついさっき言ったことと矛盾していて、そこに対する指摘や 説明がまったくない。 細かいところでは、悪性の脳腫瘍がそんな進行のしかたするか?とか、 その段階で抗癌剤やら放射線治療が選択肢に上がるか?といった違和感も。

_ 読む前は作家としての圧倒的な実力不足と、周囲の持ちあげぶりに対する違和感が 評判の悪さにつながっているのかな?と想像していたんだけど、 そちらは(御世辞にもすばらしいとは言えないものの) そこまでひどいもんではなかったのに対し、 すでに書いた通り、プロットに難を感じた。 何も心が動かされなかったわけではないが、魅力的な舞台装置に比べて 出来上がったものがびっくりするほど小粒だった。映像的なのか?というと そうも感じられず、このあたりは映画と小説で 勝手が違うという話なのか? 確かに「思い出」を描いている部分は 決して悪くないと思うんだけど、主人公の感情の動きに説得力をつけるほどのことは なくて、このちぐはぐぶりに戸惑う。


2016/06/28 (Tue)


= 早起き

_ TOEICも済んだのでいろいろ後回しにしていた身のまわりの作業やら ほかの勉強やらを再開したいと思う。せっかく早起きしたので タスクの棚卸しなどをした。


= The Time Machine

_ PENGUIN READERS Level 4。 SFの中でも古典というべきもので、今となっては古くさいのかな…と予想しながら 読んでみたところ、そうでもなった。テクノロジー戦争的な未来ではなく、 それらが失われてむしろプリミティブになった未来ということなので、 古くなりようがないのだろう。しかし80万年後が現代とつながっているという 感覚はなかなか理解がむずかしいな。

_ いろいろ端折られているせいか話が少々分かりづらかった。


= Jane Eyre

_ PENGUIN READERS Level 3。薄いのでそんなに時間かからず読み終えた。 といっても1時間以上はかかっているけど…

_ ジェーン・エアというのは名前は知っているけどどういう話なのかは まったく知らなかった。そもそもエアってなんだろうということすら 知らなかった。薄さと軽さが魅力のAppleの新製品? かどうかはともかく 人名 (First Name) かどうかすら知らない有様だった。 「花子とアン」の人が翻訳したものもあるらしい。

_ これもダイジェストなんだろう。ストーリーを追うのに不自由はないが Janeの心の動きや他の登場人物の造形が十分に描かれていないように 感じられるのでいろいろ唐突感があった。19世紀には珍しい進歩的な女性像として 描かれているのが当時受けたらしい。そう言われてみるとそうだな。



= Brexit

_ という単語があるのかと思ったらBritishとexitをくっつけた造語なのね。 ここ何週間かよく目にする。 (気付くの遅い)


2016/06/27 (Mon)


= What is MST (Magnetic Secure Transmission)?

_ LoopPayをSumsungが買収して SumsungPayになったらしい。 でこのMSTという技術を使ってMSR(磁気ストライプリーダー)に近付けると 磁気カードがスワイプされたかのような磁気をうまいこと発生し、 MSRしかない端末でも非接触決済のように動くというスパイ道具のような仕組らしい。

_ tokenizationしているというんだけど既存のPOSや端末がそのまま動作するためには 会員番号っぽくdecodeされないと困るし、かつイシュアが判定できる程度の オリジナルの会員番号は残してもらわないと困ると思うんだけど…



= synergy

_ 有料になったとはいえオープンソースのままなので自分でビルドすればいいんでしょ、と思いつつ GitHubからソースを貰ってきて、 Compilingの指示にしたがってビルドにチャレンジしてみた。 Visual Studioでビルドする部分は問題なく進んだのだが、 Bonjour SDKやQtが絡むと途端に面倒になる。 動作に必須ではなくなったようだけどビルドには必要であることには 変わらないらしい。

_ まあnightly buildは残っているようだし、便利なソフトなので購入するのは やぶさかではないのだが、自分の都合のよいよいに改造したりもしたいので ビルドできる環境は持っていたいところだ。

_ Qt 5.6を推奨している割には4の頃にしかないメソッドを 呼んでいたりいろいろおかしい… なかなか難物だ。


2016/06/26 (Sun)


= TOEIC

_ 受けてきた。今回は今までと違って予行演習しているので、どの程度のもんなのかは 自分である程度分かっているわけで、いきなり予想を超える実力を 発揮するということはないと思っている。 前回も予行演習していればその時との差がすぐに分かるんだが… ないので感覚だけで言うと、さすがに下がっているということはないと思う… リスニングはほぼ変化なしで、リーディングは少し上がったかな… だといいな… という手応えだ。

_ 時間はぎりぎりだった。実のところ予行演習はリスニングがメインだったので リーディングを通しでやったことはなかった。 リーディングは、時間が残り少なくて少し焦ったけど、特に理解できていないとか 読みが足りないということはない…と思う。

_ 今回の会場は早稲田大学の理工学部だった。西早稲田駅に隣接していた。 建物が小さくたくさん分かれていて、小講義室的な部屋だったので 席間の余裕もあって快適だった。少しエアコンが強かったけど… あと今までに ないアナウンスとして参議院の選挙活動期間内なので選挙管理委員会に 申し入れをしているがもしうるさかった場合は対応を検討する的な内容があった。


= ExplorerでF4

_ アドレスバーにフォーカスが移って、かつドロップダウンされた 状態になることに気付いた。フォーカスがどこにいてもアドレスバーに フォーカスが移動できるというのは非常に便利。 ただドロップダウンしてもらうよりは全選択された状態で、必要に応じて (↓を押すとかで) ドロップダウンしてくれた方がもっと便利なのだが… と思う。

_ そう言っているうちにF4→ESC と無意識のうちに指が動くようになってしまったので これでよいのかもしれない。ESCするとドロップダウンが解除されて アドレスが全選択された状態になるらしい。


= LAVIE TAB W PC-TW508CAS

_ 8インチのWindows10タブレット。 スペックはこちら。 妻のiPad mini見て8インチで十分だと気付いてしまって、 安いタブレット探したらこれを見付けた。1万5千円。 タブレットOSとしてのAndroidの印象は悪いままだし、 iOSは今更触る気になれないので、自動的にWindowsタブレットということになる。

_ 電子書籍やドキュメントを読むためのものと割切っているので、 これで十分だなあと思う。無線LANは5GHz帯が使えないようだ。これもまあ なければないで、そんなに困らない。

_ カバーも買った。AQUOS PADのときにも同じようなものを買った。あちらは すぐに使わなくなってしまって、それは、つけているとクレイドルが 使えなくなってしまうというのと、あとは白かったので汚れが目立つという2つが 大きな理由だった。今回はクレイドルはないし紺色にしたのでどちらも解決だろう。 ただ150gくらいあるのでせっかく350g程度の軽量タブレットなのにこれをつけると 500g前後になってしまい普通に重く感じてしまう。 あんまりつけたり外したりしたくないしな… あとiPadみたいにマグネットによって ロック⇔解除ができる機構がタブレット側にあるようで、それに対応しているようだ。 つまりカバーにマグネットがついているということになるので、あんまり 財布とかが入っているカバンの中にマグネットつきのものを入れたくないんだが… とも思う。スタンドのかわりに使えるというのがポイント高いわけだけど、 このあたりは少し考えなおしたほうがいいかもしれない。

_ microSDと、HDMIのちっこいコネクタがある以外は、 拡張をするための端子としてはmicroのUSBが1系統しかつかない。 ハブはつなげられるので キーボード等をつなげることは可能。なのだが、そうすると給電ができない。 ACアダプタ専用の端子があるわけではない…。Androidタブレットだと OTG (On The Go)という規格をサポートしていて、それだと給電しながら USB機器を使うことが可能らしいのだが、この機種はどうもそういうことは、 できるようなできないような… ASCII.jp:WindowsタブレットのマイクロUSB端子の構造は?が詳しい。 なお普段AQUOS PADなんかを充電しているケーブルにふつうに接続してみたら、 ランプはついているけど充電はしていないという表示になっていた。 このあたりは表示を必ずしも信じてよいとは限らないようだし、難しいところだ。

_ 外部接続デバイスはBluetoothを中心にするしかないのかな。Bluetoothとして 認識するUSBハブとかないもんか。ないのかな。あったらBluetooth版HHKが欲しくて 阿鼻叫喚ということもないんだろうから、歴史が証明しているのかもしれない。 しかし流れてるのは似たようなもんじゃないのかなあ?とくにHIDとか。 ざっと調べた限りでは、USB2BTなるキットが存在するようだ。他にもいくつか 商品は実在するらしい。5000円前後の値段なのでけっこう高い。けど Bluetoothのキーボードやマウスを買い揃えるよりは結局安あがりなのかもしれない。

_ しかしPDFやEPUBが読めればいいと思って買ったはずなのに気付けばどうにか キーボードやら何やらをつなげたいという話になっているのが我ながら 錯乱していると思う。大きなスマホだと思って接していれば給電しながら 使いたいとも思わないだろうけども…

_ さて、例によって(?)NEC独自の統合管理アプリ的なものがデフォルトで 起動しているようなのだがこれが縦画面には対応していないらしく エラーメッセージが出る。初期セットアップはずっと縦画面でやっていたので、 セットアップが終わって最初に見る画面がエラーダイヤログだというのは 非常にいけてない。

_ Kindle for PCは言われたから仕方なく作りました感が強い。 FireやAndroidアプリの操作性とは比較しようもない。 Amazon内にこれ(for PC)の完成度を上げるモチベーションがあるとは思えないので こんなもんだろう。 これ以外に Whispersync までサポートしてくれるmobiリーダがあれば それでもいいんだが… WhispersyncといえばAudibleと連動して ページ送りをしてくれるWhispersync for Voiceというのもあるらしい。





Zinnia (zinnia@risky-safety.org)
Back