Zinnia hacks tomorrow. (Digest)

はやおきをすると、いいことがあるよ
(なかまにしてほしいといっています)

お勉強会 やっています。よかったらご参加下さい。

オリジナルはrisky-safety.orgの方です。zinnia.dyndns.orgはミラーです。

アンテナ被捕捉状況: 1コ上におひっこし

他の記録

おしらせ

とくになし。強いて言うなら転職したいです(重大すぎ)

2014/11/18 (Tue)


= 早起き

_ 新たなカゼを得たかと思ったのはインフルエンザの予防接種をしたからなのかもしれない。

_ 早起きは習慣になりつつあるけど、早く会社に出て遅くまで仕事しているに 過ぎないのであまり本来の目的を果たしていない。 早く出社する=残業を減らすこととペアになっていないと意味がない。 あるいは、せめて土日の休みをきちんと確保するような動きにならないと… 現在はどれひとつ達成できていないので、残業時間がものすごいことになっている。 代理とはいえ管理職がこんな様子ではまずいだろう。

_ とはいえ早起きは続けたいので、会社の付近に早く来て、お勉強でも しようかな…と思う。TOEICもあと2ヶ月切っているし、 最近プログラムをほとんど書いていない。


= Microsoft/dotnet

_ .NET Frameworkの内部の動きを知りたいと思うと書籍をあたったり、 Monoのソースを参考にするほかなかったんだけど、これでもっと見通しが よくなるかな…と別方面の興味を持ってしまった。 それにしてもよい時代になったもんですね。まあFrameworkの中身が全部 公開されているわけではないけど

_ それでもRoslynが公開されたのはすごいな


2014/11/17 (Mon)


= 早起き

_ 土日はそれなりに寝たつもりなのでだいぶ疲れはとれたか…?と思いつつ やはり朝起きるのは辛いし昼休みに仮眠を試みるとそれなりに寝ることができる。

_ 今日はついにコートを着用した。さすがに気温が1桁台になるとコートなしでは 寒すぎる。

_ カゼはほぼ治ったかな…と思ってたんだけど、なんか微妙に熱っぽく、たまに 思い出したように腹痛がある。別のカゼに連携されているのではないだろうか? シームレスな連携。


2014/11/16 (Sun)

_ 妻がおでん作ってくれたので、久しぶりに酒飲もうかとファミマで缶入りの 日本酒を買ってきて飲んだ。なぜか貰いものの銀杏もあったので、電子レンジで 調理。たいそううまかったが今朝になって強烈な頭痛に襲われた。 放っておいたら頭痛だけでなく首筋から肩にかけて痛みが広がって えらいことになった。もはや酒が飲める身体ではなくなってしまったのかしら。 それならそれでいいけど

_ なお銀杏は、封筒に入れてレンジで温めると爆ぜても撒き散らされることがなくて よいらしい。でも爆ぜるタイミングはそれぞれなのでなかなか難しい。

_ 体調はだいぶよくなった。酒のせいで余計な痛みがある程度。口内炎の 痛みもだいぶ減ったし、喉の痛みもほとんどなくなった。無理しなければ 明日にはすっかり元気になっているだろう。病院やカゼ薬に頼らず 鎮痛剤と葛根湯とユンケルと…といったあたりで頑張っているんだが かえって金かかっているような気もする。それによってより早く回復している わけでもないように思うし。まあ今回は寝込むほど悪化しなかったので それはそれでよかったのかもしれない。



= フットペダル

_ dictationやろうやろうといって全然やらないので、 追いこむためにフットペダルでも買おうかな…と思っていろいろ探すんだけど、 これだというのがない。安いのは品質やら耐久性やらで評価に幅がありすぎるし、 高いのはさすがに…

_ ゲーム用のペダルを流用するとか、音楽用のペダルを流用するといった方法も あるらしい。音楽用のペダルはいいかもしれないな。安いキーボードか ジョイスティックの基盤を使って信号をどうにかする必要があるが…

_ ゲーム用や音楽用のペダルは、普段から足を載せておいて、 さらに踏みこむことで指示を出すことになる。それに対して、 PC用の製品の中には、普段はペダルから足を離しておいて、押したくなったら 爪先で押す、というようなペダルも存在するようだ。


2014/11/15 (Sat)

_ やっと平日が終わった。久しぶりに早起きせずに9時過ぎまで寝ていた。 起きてから会社へ。

_ 1年ちょっとにも、 消化する量より増える量の方が多いといったようなことを書いており進歩がない。 当時は2消化したら3増えてるという感じだった。今は 1消化したら5増えているという感じで話にならない。 人を使うようにしないと限界が見えてくるなあという結論も当時と同じなので 芸のない話だ。


= 知らなくて当然、説明されて当然。

_ 先日のの続き。

_ 単に相手の知識が不足していて誤った言動をしている場合、 それは相手の知識不足が悪いのだから、ちゃんと勉強して出直してこい、という 態度になる。 前段落で書いているように、 知識不足が原因であることは恥ずかしいことであり恐怖であるという発想を 持っている人間にとっては自然な態度と言える。 それが誰にでも通用することでないということも薄々分かっているわけで、 それが前回の逡巡につながることになる。 こちらの態度を改める気がないのであれば、このままでは平行線のままだろう。

_ 特に目新しい話ではないと思う。 たとえば192.168.1.1 の所有権を主張した人の話だとか (192.168.0.1 だっけ)。 サイバーノーガード戦法なんてのも、 似たところに動機があるんじゃないかと思う。 この手の問題についてまわるやるせなさは、 相手が知識不足を理由に誤った行動や間違った理解をしていることを 相手に納得させるためにこちらが努力しなければいけない、という状況によるのでは ないかと思う。

_ なんだか似た構図が先日読んだで出てきたように思う。 おそらく、そのように、相手の誤りを認めさせるために努力する、という方向に 進んだ瞬間に負けが確定しているのではないだろうか。あの本の 教えに従えば、こういうときにとるべき行動は、「大いに呆れる」ということになる。 たしかにそれは有効な手段のように思うし、相手の知識が相応に補われることや 相手が納得することはどっちでもよいことで、相手の言動をとり下げさせれば よいのだから、相手の何が間違っているのかを説明する空しい努力は意味が ないとも言えるのかもしれない。 実際、相手に通じると思いながら言葉を発しているわけではないことが多いからな… せいぜい、周囲の人間に「こういう阿呆なことを言うと 恥ずかしいんだからよく見ておけ」と理由を含めて説明する、という効果は 期待できるかもしれないが、という程度で自分を納得させているところがある。

_ ただ、呆れたところで求める結果になるのかは分からん。 求める結果になる方法が存在しないのであれば、呆れる方がよっぽど健康的だというのは分かる。 相手や立場によって、一喝する、放っておく、距離を置く、などいろいろ あるように思う。どの手段もとれないしもう知らんと言うわけにもいかない場合には… 今のところ上の人間にその続きを委ねるというくらいしか思いつきませんね。 自分の上がいないような立場になったらどうするのか?という問題は あいかわらず残るが、そんな境遇に自分がなるのかどうかも分からんし、 なったとしたらそのときに見えるものや使える道具は違っていて、今の自分には それが何なのかは分からない可能性もあるので、そこまで考える必要もないのかもしれない。

_ 例によって何が書きたいのか伝える意思が薄い文章だけど、 これからは余計なことをあまり考えないで呆れるようにします、というような 心境の変化が、この文章を書きながら発生した、ということを書きたかった。


= ウェディング・ドレス

_ それなりにひきこまれたけど強い満足にはつながらなかった。

_ トリックに無理がありすぎでは。これで不自然さを感じないと言われても とても信じられない。

_ パラレルワールド的に見えるものは、そのトリックが限られていると思う。 今回もそのいくつかのうちのひとつなのか?と思い、そして予想外のものではなかった。

_ ものすごく嫌な気分にさせられるからという理由で低い評価をしている人も いるようだが、個人的には 動機がおかしい件と同様、 登場人物が屑人間だったり、気分の悪くなる話だったりをスルーするのも 処世術のひとつだと思っているので、そこはあまり気にならなかった。 とはいえこれも程度問題で、GOTHなんかは最後まで読めなかったけど。


= 首無の如き祟るもの

_ シリーズ最高傑作という評価も多いようだ。実際面白かった。 とはいえ第一作の方が好きだなと思う。 よくできていると思うし、面白いし、過去2作に比べて格段に読みやすいんだけど… それでも第一作の方が好きだという不思議な感想。

_ 第一作ではひたすら頼りなく感じてしまった謎解きも、第二作と今作では 頼りなさはなくなり、犯人を罠にかけるためだったりと戦略的になっている。 ただ、結末として見える形がころころ変わることになるし、 「解決篇」の冒頭は、ひたすらややこしいことが起こっているなあと感じてしまった。

_ 「顔のない死体」論議といえば、「本陣殺人事件」に収録されていた 「黒猫亭事件」という忘れられない名作がある。 といいつつ内容ほとんど覚えてないんだけど(……) 当時ですら、 顔のない死体といえば…というような受け止められかたをしつつ、 未だにそのアレンジが出てくるのだから息の長いトリックだと思う。

_ なお、この人の作品は文庫版には地図や見取図が入っているらしい。 また、文庫版で加筆修正があるみたいなので、まず文庫版を読むのがいいんだろうと思う。 それにしてもこのシリーズは1冊1冊のボリュームがすごいな。 この時期の作品は長大なものが多かったのかもしれない。


= 孤島パズル

_ なるほどよくできていると思うんだけど、なんだか満足感に乏しい。 謎解きのために物事や人を動かして配置して、さあどうですと言うためだけに 書かれているような。 そして、読んだことないけどたぶんクイーンの作品とかはこういう感じで 作られているんだろう。

_ たぶんパズルが好きになれない理由に 通じるものがあるんだと思う。 小説としての面白味みたいなものをどうしても期待してしまうのだけど。

_ 犯人としてとりうる形がそんなに多くないので、意外な犯人ということには なりようがなかった。おそらくこの手の小説では、 書かれている内容から論理的に導かれない限り、 犯人が分かりやすいかどうかはたいした問題ではないのだろう。


2014/11/14 (Fri)


= 早起き

_ 早起きを始めたのが10/21だったので、 もう少しで1ヶ月になる。意外と続くもんだな。寝起きはきついけど 無理矢理にでもさっさと起きてしまえばなんとかなるもんだ。今まではその 無理矢理にでもさっさと起きる、というのがうまくできなかったんだけど、 せっかく早く起きたんだし、ここで再度寝たら電車混むしかえって面倒だから さっさと着替えて家を出てしまおう、と思うと比較的うまく行くような気がする。

_ カゼはだいぶよくなった。寝起きから絶好調だった頭痛もほとんどなくなり、 たまにむせるような咳が出るくらい。口内炎は…あいかわらずだけど、これはまあ あと1週間は続くだろう。特に口内炎を理由に 物を喰うことをためらうことはないので、これも慣れなんだろうかと思った。

_ しかしこのカゼは何がきっかけだったんだろう?異常を感じたのは 今週の月曜だ。日曜まではとくに不調を感じなかったし、普通にジョギングなんかも できていた。確かに会社の中にはカゼひいてる人は多いんだけど、 金曜に感染して月曜に発症するというのはちょっと潜伏期間としては長すぎな気がする。

_ と、思って調べてみたところ、 カゼの潜伏期間は1〜3日という記述をしているところが大多数だな。 一部5〜6日と書いているところもあった。 まあカゼの原因になるウィルスはいろんな種類があるので、そのくらいの 幅は出るのだろう。いずれにしても、潜伏期間3日以上であれば先週末にカゼを もらったと考えてもそうおかしくないのかもしれない。

_ 寒気がするので背中を温めようと貼るカイロを買った。 最近のカイロはすごいな。 薄いのに12時間どころかまる1日経過してもまだほんのり暖かいくらいだ。





Zinnia (zinnia@risky-safety.org)
Back