Zinnia hacks tomorrow. (Digest)

はやおきをすると、いいことがあるよ
(なかまにしてほしいといっています)

お勉強会 やっています。よかったらご参加下さい。

オリジナルはrisky-safety.orgの方です。zinnia.dyndns.orgはミラーです。

アンテナ被捕捉状況: 1コ上におひっこし

他の記録

おしらせ

タイミングと条件が合えば転職しようと思っております。 相談に乗ってね (読者参加型転職)

2021/09/27 (Mon)

_ 朝晩がとても涼しく過ごしやすい。 週末はまた台風が近付くらしい。


= ストレージ

_ Amazonのタイムセールで LS220D0602Nというやつが 6TB(2ドライブ) で、2万7000円…と書いてあって、 これは安い…!! と思ったのだが、RAID1組むと3TBになるらしい。 2ドライブ「で」6TBという表現なのかー

_ NASキットとか、出来合いのNASだとあんまり凝ったことはできないが、 DTCP-IPサポートなどはもし使いものになるなら番組の録画にも使えるわけだし、 これを自力で構築するのはむずかしそうだし、いいのかもしれない。 タイムセールで安いうちに買ってしまうか… 自分で組むとNASっぽい機能はSMBくらいしかないし、 マシンとディスクをそれぞれ揃えたらおそらく倍くらいの 値段になってしまうだろうしなあ

_ 事務所スペースにあるUbuntuマシンたちはあんまりインクリメンタルのバックアップにこだわらなくてもよいものたちなので、streamを圧縮して保存、を1世代で十分だろう。

_ 交換用ドライブが本体と同じくらいの価格になっているのが気にかかるが… レビューを見ると、非純正であっても使えるらしい (もちろんマニュアルには やるなと書いてあるが) ので、抜け道はあるのかもしれない。 マニュアルを見るとファイルシステムとしてはXFSらしいので中身はLinuxなんだろう

_ 悩んだが…3TBのドライブ2台+αと考えたときに めちゃ高くなっているということもないし、 向こう2〜3年は生きていてくれればまあよいだろう、ということで注文した。


= RasPi Pico

_ そういえばそういうやつが出ていたな…ということをふと思い出した。 RasPiはGPIOなんかが使えるのはよいのだけど、たくさんのデバイスを つなげようとすると電源や信号線のピンが不足したり、 配線がぐちゃぐちゃになりがちなので、こういう機器で中継させた方が 結局すっきりするような気がしてきた。

_ ただそうなるとArduinoと大差ないという気がしないでもない。 RasPi PicoはMicroPythonが使えて開発が楽そうという気はするし、 私自身がArduinoをまったく触らないままここまで来てしまったので、 私にとってはRasPi Picoの方が親しみやすいのだが。


= ALPKÅREL アルプコーレル ロング枕, ライトベージュ - IKEA

_ わん吉を抱き枕がわりにするのは 可哀想なので、抱き枕を買った。

_ わん吉よりも長くて胴まわりも太いのでしがみついて寝るにはより適している。 目が覚めたときにまだしがみついているので、ひょっとして寝返りを打たずに 寝ているのかもしれない。それがよいのか悪いのか、肩とか首筋がバキバキに なっているような痛みを覚えて目を覚ますことがある。 普通の枕も併用していて、頭はその枕に載せているので、高低差などなどによって 身体の一部に負担がかかっているのだろう…試しに頭も抱き枕に載せてみたところ、 下になっている腕に対して圧力がかかって寝づらかった。 抱き枕の中には、頭の下に敷いた状態でしがみつくことができるタイプ(P字型とか)も あるのはこういった問題を軽減するためなのかもしれない。

_ きっちりとしがみつくよりは、抱いた状態で腕を伸ばす方が楽なことも多いので、 抱き枕の先にいるわん吉を抱く感じにすると丁度よい。なので狭いフトンではあるが 私と抱き枕とわん吉が川の字になって寝ていることになる。冬場は 暖かくていいだろう

_ 商品写真はカバーがかかった状態で、そのカバーを紐で縛っている側だけが 写っている。紐で絞っているだけなので、中の枕を完全には覆っていない。 で、反対側も同じような構造になっていて、紐こそないものの、 布が絞られた状態で直径10cmくらいは中の枕が見えるような 感じになっている。なんでこんな作りにしたんだろ… なんだかワラスボのような フォルムをしている


= KASTRULL カストルル 片手鍋 ふた付き, グリーン, 1.5 l - IKEA

_ 自宅ではマルチポットが今でも 大活躍しており、お茶の煮出しから調理までなんでもこなしてくれているのだが、 やはり煮出しと調理を同じ鍋でやると、調理のときの匂いが残っていて お茶の方に移ってしまうとか、そんなことを気にしてあまり匂いの強い材料を 使いづらいといった問題が出てきたので、煮出し専用の鍋を別途用意することにした。 煮出しは1Lちょっとの水が入ればよいし、吹きこぼれるもんでもないので、 このくらいがちょうどよいサイズだ。 IHでも使えて、匂い移りしづらいホーローで、色もかわいらしい。


2021/09/24 (Fri)

_ 今日も日中はわりと蒸し暑かった。夜になって気温が下がった。 週末は日中も25度前後、夜は20度前後の日々に戻るらしいので かなり過ごしやすそうだ。

_ 先日14km歩いたり走ったりした日の後、足のダメージはないかな?と 思っていたんだが、歩き始めにちょっと痛みを覚えることがある。 ただまあ骨折前も14kmも歩いたり走ったりすればなんらかのダメージは 残っていたので、そっちなのかもしれない。よくわからない。


2021/09/23 (Thu)

_ 水曜の朝方から気温があまり下がらず、扇風機だけではかなり寝苦しく なっている。そして昨日〜今日は30度を超えているようだ。週末までは 気温が高く、その後一気に下がるようなので、真夏日もこれが最後になるのだろうか


= ZoneMinder

_ avdevice_register_all すればいいんでしょ!!! (なぜか半ギレ) ということなのでDockerの中で動いているZoneMinderに対して何らかの手を 加えたくなった。いろんなやりかたがあるとは思うが、libavformatあたりに パッチをあてて、avformat_alloc_context の初回呼び出しで avdevice_register_allしてしまうのはどうかと思った。

_ さっそくffmpegのビルドをする… 幸いffmpegは実行時にバージョンはもちろん、 どんなオプションでconfigureしたのかを表示してくれるので、GitHubからソース もってきてオプションあわせてビルド… 入れとかなきゃいけないライブラリが 大量にあり、ひとつ怒られては検索してインストール…を30回くらい 繰り返してようやくビルドが終わった。で差し替えてみたところ…

ffmpeg: /lib/x86_64-linux-gnu/libc.so.6: version `GLIBC_2.28' not found (required by /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libavformat.so.57)
ffmpeg: /lib/x86_64-linux-gnu/libc.so.6: version `GLIBC_2.33' not found (required by /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libavformat.so.57)
…私は世の中に星の数ほどある問題の中でも glibcのバージョンがなんか違うと怒られる問題をトップレベルに 苦手としているので困った。 Ubuntu 21.04の環境でビルドしていたのだが、 DockerのイメージはUbuntu18.04で動いているので、 ビルド環境もそちらで合わせたほうがいいか… ということでVagrantで Ubuntu18.04の環境を作って、また怒られてはインストールを繰り返した。 libsshはlibssh-gcryptというやつじゃないとだめだったらしい。 OpenCVはaptから入れると3系が入ってしまうが、 必要なのは2系らしいので手でビルドして入れた。どうせ使わないけど…

_ そしてパッチをあてたライブラリができあがったので差し替えて 動かしてみたところ… zmcが落ちてしまった。zmcはlibavdeviceを リンクしていなかった。さてどうしたもんか… ZoneMinderをビルドできる 環境を作ってzmcを差し替えるか? それともlibavformatにlibavdeviceを 組み込んだバージョンを用意するか…? どちらも手間はかなりかかりそうだ。 ZoneMinderの方はソースからビルドするのはおすすめしないなどと 書かれているしなあ

_ まあパッケージシステムの方の成果を流用するのがいいよという話の流れ自体は もっともだと思う。BSD系だとports(pkgsrc)でビルドするというのは わりとやっていたけど、aptでも同じようなことができるはずだ。 この先ZoneMinder自体に手を入れなきゃいけなかったり、入れたくなったりする 機会がありそうなので、できるようになっていたほうがいいだろう。 次回はそれでやってみるかー


= カメラ

_ まずは動画のほう。GoPro HERO10を注文した。出たばかりでセールらしく 1年間のsubscriptionに加えて、どれも必要そうな付属品がついて ちょっと安くなっていたので、悩んだ末こちらにした。 やはり雑に扱ってもよさそうなのと、10になっていろんなところが改善されて、 9の作例を見て不満だったところがほぼなくなってしまったことと、 周辺機器の充実具合、などなどを考えると、こっちの方がよいかなあという 気になってきた。

_ あとは静止画の方だが…これがなかなか決まらない。 いろいろと条件を考えていて、それにぴったりと合うものが見つからない。 まずミラーレスで、3万前後くらいしか払いたくないなあと考えており、 この時点でかなり選択肢は少ない。しかもその3万前後におさめたい条件の中には キットレンズが2つある(レンズを変えてフムフムとやってみたい)、とか、 EVFがある(ファインダー覗いてフムフムとやってみたい)、 RAWでも出力したい (RAW現像ごっこをしてみたい… このあたりはどの機種でもだいたいできるようだけど) なども含まれているが、そうなるとNikon 1シリーズくらいしかひっかからなくなる。 Nikon 1はやたらと安値で大量に出まわっているが、 レンズの使いまわしが効くもの、という新しい条件をつけ加えるとちょっと 選びづらい。

_ 価格を少し上げればまた選択肢も増えるんだろう。別に困窮しているわけではない (困窮しているのに不案内なデジカメを買うのは錯乱しているだろう) し もっと少し背伸びすることは可能だけど、 今の状態で最初に出せる金額をあまり釣り上げるのは分不相応な気がするし、 そもそも自力でどうにかできる余地が少ない機器に対して中古で4万も5万も出すのは それ自体に抵抗がある。

_ 2段落前に挙げた条件の中で、価格を動かさないとすると次に妥協するのは レンズの本数か、EVFの有無ということになりそうだ。 レンズの本数が複数であってほしいという要件は、 初回の出費の後にしばらく、少なくとも半年は追加出費をしたくない、 けど、レンズを交換してフムフムはしたい、という程度の動機だが… キットレンズつきのやつを買った方がばらばらに買うより 結局安く上がりそうという理由もある。

_ また、EVFを抜くと多少は選択肢が出てくる。 私はLCDがファインダーがわりというのはどうも好きになれなくて、 過去に触った機器だとDS-7とDS-8を除くとすべて光学ファインダーがついていた (DS-8にはおもちゃみたいな外付け光学ファインダーがあったようだけど私は 中古で譲ってもらったのでついてなかった)。 まあ当時のものは覗いて撮れるという以上の役割ではなかったし、 どちらかというとバッテリー消費を避けたいという動機の方が強かったかもしれないが。 EVFがついていない機種にEVF外付けできる、なんてのもあるようだけど、 外付けEVFはけっこう高い。 どうせレンズ交換できるカメラなのだから、最初はEVFなしの機種でお勉強して、 それでもEVFがないと困るという感想になったら、 EVFつきのボディを買って、レンズはそのまま移行して、 古い(買ってもいないのだが)方はなんか安い単焦点のレンズをつけて、 昔のズームのないデジカメみたいな気軽な使い勝手を目指してもいいんじゃないか という気がしてきた。今時のコンデジでズームがないというのは かえって珍しいのかもしれないが

_ ズームつきのレンズは電動で倍率を変えられるものと、 手動で変えるものがあるようだ。電動である必要があるのだろうか…? と思っているのだけど、電動には電動のメリットがあるらしい。 小型軽量化が可能で、ズームin/outがスムーズにできるのは動画撮影時に有利で、 あとは現在の倍率が取得できるというのもあるらしい。なるほどなるほど… ただ電動だとガチョーンができないという致命的な欠点があるかもしれない。

_ などと条件を動かしたり変えたりしながら呻吟していてなかなか決まらない。 候補は数種類に絞れているのだけど、こっちは動画がよりよく撮れそうで、でも ボディ内手ぶれ補正がない、とか、こっちはちょっと重いし今後EVFつきのモデルに 乗り換えたときに、EVF以外の部分の性能差があんまりない、とか、 新しい条件を加えるたびに迷ってしまうのだった。コンデジ化した後の使い勝手まで 考えるというのは本末転倒な気もするが…

_ まあGoProは入手できるわけなので、こちらはあまり急ぐ必要もない(私が 触ってみたいという気持が強いだけだ)ので、もう少し悩んでおこうと思う。 デジカメの記憶は15年くらい前で止まっているので、 それよりよくなっているのであれば なんでもいいよ、とは思っており、画質やら記録時間やら、 あらゆる点で比較しても 当時より悪くなっているなんてことはありえないだろうし、 たぶんなんでもいいのだろう。 例外があるとすれば起動してから撮影開始できるまでの時間くらいだろうか。 DSC-X110、DSC-X200はかなり起動が速かったし、 Optio43WRもクイック撮影的なモードだととても速かったので、 それよりも遅い機種は今でも多いかもしれない。


2021/09/21 (Tue)

_ 今日は天気もよくかなり気温が上がっている。洗濯ものも素早く乾いてくれてよい。


= 左足 276日目

_ 昨日かなり足を酷使したがダメージはほとんど残っていなかった。 途中でポールに切り替えたのと、 帰ってきてから冷やしたのもよかったのかもしれない。 この負荷を連続でやったらまずいのだろうが、 このレベルで運動できるように なっているということが分かったのはとてもよい。


2021/09/20 (Mon)

_ 昨日にひきつづき今日もかなり天気がよい。 そして夜になるときちんと涼しくなるのでわりと過ごしやすい。


= 水元公園

_ ジェイクの里親になる前にお見合いをした場所が水元公園だった。 1ヶ月ちょっとぶりにジェイクを伴って来てみた。お見合いのときはほとんど 歩かなかったが(暑かったのもあるかも)、今回はかなり楽しそうに歩いてくれた。


= 走った

_ 水元公園への往路は妻の車で、復路は走って帰ることにした。 直線距離でだいたい11kmということで、 あんまり走れないので2時間くらいかかるかな… と思っていたんだが、 腹も減っていたのでコンビニに寄りたい…と、予定とは別のコースをとったところ かなり遠まわりになり、結果として14.2km、2時間半ほどかかってしまった。

_ 心配していた足へのダメージは、さほどひどくない… というよりもともと このくらいの距離を歩いたり走ったりすれば普通痛いだろうという レベルにとどまっていたものの、10km超えたあたりでさすがにこのまま続けたら 翌日以降に残りそうと思いポールを使って歩くことにした。 ポールのおかげで負荷がだいぶ少なくなり残りも問題なく歩くことができた。





Zinnia (zinnia@risky-safety.org)
Back