Zinnia hacks tomorrow. (Digest)

はやおきをすると、いいことがあるよ
(なかまにしてほしいといっています)

お勉強会 やっています。よかったらご参加下さい。

オリジナルはrisky-safety.orgの方です。zinnia.dyndns.orgはミラーです。

アンテナ被捕捉状況: 1コ上におひっこし

他の記録

おしらせ

タイミングと条件が合えば転職しようと思っております。 相談に乗ってね (読者参加型転職)

2022/04/07 (Thu)

_ 一昨日からなぜか左足首が痛い。捻挫でもしたような感じの痛みなのだが、 何か痛めるような事故を起こした自覚はない。 ちょっとした距離を歩くのも苦痛だ。

_ 桜は、まだ完全には散っておらず葉の緑と拮抗している感じで、 これはこれで綺麗だ。先週末は雨やら寒さやらで大変だったが今週後半から また気温がだいぶ上がるらしい。


= O'Reilly Learning platform

_ ACMの会員特典でO'Reilly Learning platformにアクセスできていたのだが、 5月一杯で終了してしまうらしい。電子書籍系で残っているのは Skillsoftだけになってしまうことに

_ 2020年6月に、O'Reillyのサービスのいくつか(Jyupter Notebooks、 Katacoda Scenarios、Sandboxesなど)が使えなくなってしまい、そのときは 書籍やビデオ類は継続だったので安堵しつつ、いつかこういう 日が来るのかなあーという漠然とした不安はあったが それが現実のものになってしまったようだ。最近はほぼ毎日のように使っているので 非常に残念だ。

_ そしてO'Reilly Online learningのpricingを 見ると 年間$499になっている… 以前は$299ではなかったかしら?


2022/04/04 (Mon)

_ 日曜からずっと雨。そして気温も10度まで上がらない日が続いておりけっこう寒い。 桜は、土曜にはけっこう散り始めていたので ここ2日の雨でほとんど落ちてしまっているかもしれない。

_ そしてなんだか地震が多い。毎日のようにちょっとびっくりする感じの 地震がある。


= AVCHD

_ 動画や写真を配置するための手段は確立したので いろいろ撮影していた HDC-HS100の動画も整理するか…と試してみたところ タイムスタンプなどの情報がない。AVCHDだと MTS(MPEG2-TS)にはメタデータが入るわけではなく、別のファイルに保持されるようだ。 どうもCPI(Capture Info?)というファイルがそれらしい。

_ ではコンテナだけ別のものにしてそこにメタデータもひっぱってくるというのが いいのかなと思ったんだが、探しかたが悪いのかそういったものが ぜんぜん見つからない。ffmpegを使った例はいくつか見つかるものの どれもtranscode的なことまでしてしまっているし、メタデータ側を どうにかしようともしていない。


= darktable

_ 今のところ現像(英語だとdevelopらしい)はしておらずただの 画像整理用プラットフォームとしてしか使っていないが ドキュメントは一生懸命読んでいる。

_ import & reviewには 画像の整理のしかたが書いてある。rateを用いたやりかたで、

といった感じらしい(意訳)。 画像に対する好み(点数)というよりは、画像のステートを示すような 感じだな。もちろんステートが進む=自身が気に入っているということでも あるというのは理解できるものの、 ここでは写真としての出来栄えしか問題にしていないので、 べつにすばらしい写真ではないけど記録・思い出として重要、といったものは なんか別の方法で残しておかなければいけないのだろう。 また、一定水準(星3つ)以上のものは簡単な現像を 試みる、というフローになっているので、それなりの枚数が 現像対象になるんだろう。どのくらい素早く処理できるかにもよるけど、 一度もやったことがない現在の感覚ではなんだか大きな手間に見えてしまう。

_ processは、 「scene-referred workflow」という比較的新しいらしいアプローチについて 記述されている。 古いバージョンのdarktableや他の現像ソフトではあまり馴染が ないかもしれないものらしいので、これまでの考えかたとは異なっていて 戸惑うかもしれない、ということらしい。未経験の私としては どっちにしても戸惑うのであまり大きな問題ではない。 このドキュメントでは肝心の「scene-referred」というものがなんなのかについて ほとんど記述されていないので他のドキュメントを参考にせざるを得ない。 動画を中心にした話ではあるが Color Grading Workspaces - Film Riotが、 scene-referredとdisplay-referredの違いを非常に分かりやすく 説明してくれており、 The Darktable Scene-Referred Workflow | Avid Andrewは、 darktableにおけるscene-referred workflowとは具体的にどういう手順で developをしてゆくのかということを分かりやすく説明してくれている。


2022/03/30 (Wed)

_ 今日は1回休みだったので自転車であちこちまわった。 ジェイクの転居が済んでいなかったので地区センターで 新しい鑑札をつくてもらった後にハードオフめぐり

_ KONICA MINOLTAのレンズの具合がよいので、 保護フィルタくらいつけてあげたいな、でも110円のジャンクレンズに1000円超える フィルタつけるものな… と思いつつジャンクを探してみた。 1件目でToshibaのフィルタをみつけた。21世紀に入ってカメラの世界で Toshibaの存在感はまったくないわけだけど昔はいろいろやっていたのだろう。 ロゴがかなり古い。 MOR.&EVE. (B20) C と書いてある。ちょっと黒っぽいからNDフィルタみたいな ものなのだろうか… と思いつつ帰ってきてから調べてみたところ、 「朝夕用フィルタ」というものらしい。MOR.&EVE.というのは、Morningと Eveningという意味だったのか

_ 2件目で見慣れないレンズを見付けて買った。 NRC SUN ZOOM 80-200mm 1:4.5 MACRO と書いてある。梱包されていて状態が よくわからんが外見はさほど汚くないし、錆も見えないし、330円らしいので 買ってみた。リアキャップがついていてマウントもわからなかった。 M42だったらいいなあ〜と思いつつ開けてみたらKマウントだった (どっちにしても マウントアダプタは持っていないけど)。 そして中玉の曇りがひどい。これは掃除しないとまともに映らないだろう… この焦点距離でF4.5通しというのは悪くないなあ〜と思うので機会が あればいろいろ試してみたい。

_ それとTokina AF 28-80mm F3.5-5.6を買った。28-80mmは もう何本も持っているのでとくにいらないのだが、Tokinaのレンズを一本も 持っていなかったので試してみたくなった。 汚れもさほどひどくなく掃除したらそこそこ写ってくれた。 そして55mmのUVフィルタがあったのでそれも買って、さっそく KONICA MINOLTA 18-70mmに装着した。

_ 3件目で兼ねてから欲しかったMINOLTA AF ZOOM 35-80mm F4-5.6を買った。 初代と二代目があって、どちらも梱包されていて状態はよくわからんものの 二代目の状態はかなり悪そうに見えたので初代だけ買った。初代は レンズシャッターがついていてキャップつけなくても前玉を保護できるのが魅力。 そして軽くてコンパクトなのもよい…のだが、 帰ってきて外側を清掃した後に試してみたところ盛大な曇りが。前後の玉は比較的 綺麗なんだけど、中玉がものすごく曇っていた。梱包されている状態で これに気付くのは難しいな… 今回買った中では一番高かったのだが(それでも550円だけど)

_ 5件目でノートPCのアダプタを買った。dynabookを1F⇔2Fで 持ち運んで使っているのだが、アダプタを持ってゆくのが億劫で、かつ 頻繁な挿抜と移動が故障の元のような感じがするので、それぞれの階に 常設しておきたい。コネクタの形状の記憶を頼りに、19Vで3A以上の アダプタを探してNECのものを買った。最初はジャンクにしようかと思ったんだが、 電源でジャンクは怖いし、別売のメガネケーブルを揃えると結局中古と 大差ない値段になってしまうので、中古のものにした。 無事に使えており大変にありがたい。

_ 5件目を出た段階で15時ちょっと過ぎで、6件目に行くと帰宅が日没後に なりそうだったので5件目で終わりにして帰還した。51km走ったらしい。 途中めしやらハードオフやらで休憩しているし、8時間くらいかけているので このくらいなら疲労困憊ということにはならないようだ。 なんだかんだで自転車にも慣れてきたのかもしれない。登り坂もちゃんと 登れる感じだ。あと10km20kmと増えていったらへろへろになるのかもしれんが… 幸いおけつも手首もあまり痛くなっていない。 ただおけつについては、サドルの面積がでかくて、かつ滑りやすいので 力が分散されている感覚がある。機会があればサドルはもっといいものに 交換してみたいなあと思う。


2022/03/28 (Mon)


= カメラ

_ 先日手に入れたKONICA MINOLTA AF DT ZOOM 18-70mm F3.5-5.6の具合が大変によく、 最近はこればかり使っている。 このサイズと重さが今の私にはとてもしっくり来るようだ。 マクロもそこそこいける(最大撮影倍率0.25倍、最短撮影距離0.38m)ので 近く〜遠めまで便利に使える。 後継と思われるSONY DT 18-70mm F3.5-5.6もほどほどの状態のものが3000円前後で 買えるようだし、キットレンズだったんだろうし、 元々そんなに高いものでもなかったんだろう。


= GoPro HERO10 Black

_ そしてカメラといえば家にはGoProもあって、こちらの動画の整理も同じ枠組で できるか試してみた。それ自体は問題なくできたんだが、知らないうちに 日付がリセットされてしまったようで、そしてリセットされると2016/01/01に なってしまうらしい。そのまま気付かずに何箇月も経過してしまっていた… 妻がジェイクと長距離旅行に出ている最中に一度だけ 完全放電してしまったらしいのでそのときがきっかけだろう。たしかに いろいろ設定がクリアされていた。

_ しょうがないので日付設定しなおすか… と思ったら「年」が変更できない。 年月日を変更する画面で「月」と「日」は変更できるんだが、「年」が 変更できない…というより何も表示されていない。 ドキュメントを読むとアプリ(GoPro Quik)と時刻同期もできるらしいので 試そうとしたのだが… 私のスマホだと何度やってもペアリング的なことが 成功してくれなかった。やむなく妻のiPhoneを借りたところ 何も問題なく済ませることができた。 GoPro Quik:接続の問題のトラブルシューティングを 読むと初期設定だと5GHz帯じゃないとつながらなさそうな記述になっており、 その設定を変更できるような記述にもなっているんだが手元のGoProでは Wi-Fi帯域なんていう設定項目はないようだが…


= 動画の整理

_ さて写真については整理できそうな道筋が立てられたのに対して 動画は、まだ日付ごとに配置できるようになったというだけで、 見たい動画をすぐに探し出すといったようなことをするためには どういうものを使えばいいのかな。Shotwellは動画はサムネイルも出ないし 再生も外部のプレイヤを使うことになるらしい。


= 利き目

_ カメラのファインダーを覗きこむときに、覗いていない方の 目を閉じるのか開くのか、みたいな話を目撃した。 私は閉じるもんだと思っていたので開くという選択肢がなかった。 言われてみると、動いているものを撮るときなどは開いていたほうが 便利なのかもしれない。

_ ファインダーつきカメラというと手元にOptio43WRがあるなあ、ということで 試しに両目を開いた状態でファインダーを覗いてみたところ… 何かの拍子にファインダーの中の像を見失ってしまい、目の前にカメラのボディが 見えるだけ…という状態になってしまう。 そのたびに覗き直したりをしなければいけなくなってしまうので あまりにも不便だ。

_ なんかやり方間違っているのか?コツ的なものがあるのか?と思いながら あれこれ調べたり、試行錯誤をしているうちに、 利き目で覗いているのか?そうでないのか?の差が 大きいらしいと気付いた。言われてみれば、私の利き目は左目なのに対して、 ファインダーは右目で覗いていたので、視線を動かすたびに利き目側の 視界にひっぱられてしまうのかもしれない。 試しに左目で覗くようにしてみたところスムーズに視線を移動しながら ファインダーを覗きつづけることができた。 これまでずっと右目で覗いていて とくに不便がなかったのは、左目を閉じていたからだろう。 Optio43WRは左上にファインダーがついているので、 これを左目で覗こうとするとカメラは顔の正面に来てしまうのでなんだか 間抜けだし邪魔だなあ〜とは思うが仕方ない。


2022/03/27 (Sun)


=

_ 水元公園の桜は、昨日はまだまだあまり咲いていない状態で、 そして今日になって一気に咲いたようだ。いきなり満開になってびっくりした。 日中はかなり暖かく、夜はけっこう寒くなっている。 開花直前は雨も風もあったので心配だったが、当分は天気よいみたいだ。


= 自転車

_ ハードオフ巡りは、一度に3店舗以上頑張ろうとすると半日がかりになってしまうが、 1〜2件で済ませば、数時間で帰ってくることがでいるので、日中をまるまる 潰してしまうこともなくて済みそうだ。今日はそんな感じで30kmほど移動して 2件ほどまわってみた。

_ φ37mmの2倍テレコンと0.7倍ワイコンが安かったので、 とくに使うあてがないものの買ってしまった。37mmなのでキットレンズで 使える。やはり広角端ではケラれてしまうけど、よく考えてみると キットレンズには保護フィルタをつけていたな… と気付いて試しに 外してみたところ、広角端(14mm)でもケラれ具合はかなり軽減された。 15mmだとまったく気にならないレベルなので、 35mm換算で21mm相当の画角ということになって大変によい。

_ 以前買ったものは型番の最後に「C」が ついており、今回のものにはついていない。 ただSONYのサイトには無印というものはないようで…つまりどれなんだろう? Cつきのものよりもかなり大きくて重い。そしてケラレ具合は無印の方が ましなように思う。ただこれをキットレンズにつけたまま持って運ぼうとすると、 キットレンズ側のフィルタねじ部分にダメージが行きそうで怖い。 300g超えているようだからな

_ 一方テレコンは、広角側では覗き穴くらいな感じでケラれてしまうので 望遠側で使わないとだめだな… まあどちらもハンディカム用の コンバータなのでM4/3ではしんどいというだけの話なのだろう





Zinnia (zinnia@risky-safety.org)
Back